まったりゲームプレイ日記です。
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

ブログリスト
ブクログ
Favorite
ICO/ワンダと巨像 Limited Box (特製ブックレット、プロダクトコード同梱) The 3rd Birthday タクティクスオウガ 運命の輪 特典 オリジナルタロットカード付き 白騎士物語 -光と闇の覚醒- ニーア レプリカント 特典 ミニアルバム「ウラギリノコエ」付き 光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝- ファイナルファンタジーXIII ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー アルティメットヒッツ ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争 ファイナルファンタジーXII(特典無し) もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII- ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき] ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸] シャドウハーツ2 アルティメット ヒッツ ヴァルキリープロファイル -レナス- パックピクス クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-(通常版) LocoRoco(ロコロコ) ICO(イコ) シャドウハーツ フロム・ザ・ニュー・ワールド(通常版) ベイグラントストーリー
Mobile
qrcode
人気BLOGRANK にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ファイナルファンタジーシリーズへ
<< NieR RepliCant/2周目、石の神殿・追加コンテンツ main NieR RepliCant/2周目の終わり >>
NieR RepliCant/2周目、ロボット山・仮面の町
JUGEMテーマ:PS3全般
2周目も順調に進んでいます。何しろ、1周目で村人達たちからのミッションは100パーセント終わっていて、純粋にストーリーを進めればよいだけというのは楽なものです。

(ここからネタバレです〜)



ロボット山にやって来ました。

ロボット山では、たくさんの人間(レプリカント達)がマモノ(人間)達を追い詰めている様子。人間達たら隠れ逃れたマモノの母と子がいます。マモノの子どもが「ボク死ぬの?」と母マモノに聞いています。「ママがおとりになるから坊やは逃げるのよ」と母マモノが言い聞かせています。「ママを覚えていてね。忘れないでね」そう言って、おとりになりに行く母マモノ。そして人間達に倒されてしまいます。

泣く子マモノ。「ママー、イヤだよ・・・」「ママー・・・ママー・・・」、ひとりぼっちの子マモノ。

そこへ大きなロボットがやって来ます。かつて人間(レプリカントではなく、本物の人間)が、工場を動かしていた頃に、警備をしていたロボットのようです。

子マモノ「ボクはクレオ、キミは?」と聞きます。これがロボットP-33と子マモノ、クレオとの出会いでした。P-33のマスター(かつての人間)は、874年10ヶ月と14日4時間43分前に死んでしまったらしい。クレオは人間(レプリカント)に見つかったら、殺されちゃうんだよと言います。P-33はクレオを守ると言います。

その後、1周目でもあったように、ロボット山の兄妹が素材を取りにロボット山にやって来て、弟を守ろうと兄さんが崩れた鉄くずの下敷きになって死んでしまいます。そして、そのとき偶然に後を通りかかるP-33とクレオ。

そして、P-33は「侵入者1名死亡・・・」と認識。クレオは「かわいそうに・・・」と言います。そんな通りかかっただけのP-33とクレオに対して、弟は自分勝手にロボットを憎みます。そして心が壊れてしまいます。

P-33とクレオは言葉を教え合ったりして仲良くロボット山の中で暮らしていました。とても平和に。

そこへニーアさん達が弟の依頼を受けて、やって来ます。P-33は侵入者と見なしてニーアさん達と戦います。ニーアさん達の目には、ロボットとマモノが結託しているように見えたのでしょう。

P-33とクレオの今際の会話が聞こえて来ます。クレオ「ごめんね、ピーちゃん、ボクって弱いね。ずっと一緒にいたかったのに・・・」、P-33「クレオ・・・ヤクソク・・・イッショ・・・ズット・・・イッショ・・・クレオ・・・サビシク・・・ピーチャン・・・サビシイ・・・コワイ・・・泣・・・ク?」などと話していて胸が詰まります。

そこへ弟がやって来て、既に死んでいるP-33を殴り続け、「こんなキカイに兄さんは!」と言っています。それが勘違いだっつーの;;

カイネにくっついているテュランが狂った弟の様子を見て、「・・・カカカカ!いいね、人間らしい、実に人間らしい・・・」などと言っています。

なんか、とてももどかしいです。カイネさんがマモノの言葉が聞こえているなら、ここできっとクレオが何を言っているか、わかったハズ・・・。それをニーアさん達に伝える事が出来たら、どうなっていたかと考えてしまいます。

かわいそうな子マモノのクレオもそうして死んでしまいます。P-33とクレオの最後は、本当に可哀想でした。裏側を知ってしまうと、本当にレプリカント達は悪者に見えてしまうのです;;壊れて狂っているのは、よほどあの弟の方です。あいつは完全にイカれています(`Д´)

そして、ロボット山での事が終わり、通りかかった北平原の隅っこに男の人が立っています。話しかけると、イノシシに乗って羊をぶっ飛ばすミニゲームが出来るようになります。クエストとも言えないようなクエスト?この男もイカれた野郎です。羊をぶっ飛ばした数×100Gが貰えます。

続いて手紙を貰って仮面の町へ。

マモノのオオカミが人間と戦っても勝ち目はないだろう、などと群れのオオカミたちに言っています。「本来人間は共存できる生き物だ・・・我は知っている・・・」と、遠い目をしているように見えます。

フィーアと仮面の王の結婚式の前に、オオカミを虐殺したらしい村人がいるようです。槍でオオカミを突いて、突かれたオオカミがたくさん倒れています。マモノのオオカミが槍を抜いて、仲間を助けようとしています。「人よ、我らが何をした!おのれ、人よ!」と言っています。

フィーアと仮面の王の結婚式の前にこんなエピソードがあったのでした。そして結婚式当日・・・、オオカミたちは仲間の報復をするために仮面の町を襲ったのでした。そして、フィーアが犠牲になってしまった。

王はフィーアの敵討ち、マモノのオオカミは仲間の敵討ち、その戦いになってしまったのでした。当然、仮面の王達に加勢するニーアさん達。「我が一体何をしたと言うのだ・・・」と言いながら、最後死んでしまうマモノのオオカミ。

そして普通のオオカミの姿に戻ります。どうやらこのオオカミの過去、本当の人間と暮らしていた頃の情景のようです。1人の人間のおじいさんが話しかけてします。「わしはもう、長生きしても仕方がないからね、おまえが生きるんだ。生きて時々私を思い出しておくれ・・・。一緒に暮らしてくれてありがとう・・・」とオオカミに向かってやさしく話しています。

「クーン・・・」と鳴く、若いオオカミ。そして光に消えて行くおじいさん。

この人間のおじいさんは、自分の代わりにかわいがっていたオオカミをゲシュタルト体にしたんだろうな・・・。

マモノオオカミ「おじい・・・ちゃん・・・」と言いながら死んでいきます。もちろんニーアさん達には、全く聞こえない声で・・・。フィーアの事も、オオカミの事も、なんか悲しみの連鎖だなと思う。

本当にゲシュタルト計画が失敗だし、レプリカント達もこうして自由に人間らしく暮らしていて既に心を持っているし、マモノ達側だって元々は本当の人間だったのだし、レプリカントはこうして人間らしく暮らさせたのは間違いだったんじゃないかなって思ってしまいます。なぜこんな計画を実行したんでしょうね〜。

2011.01.16 Sunday 12:29
ニーア レプリカント comments(0)
comment




/PAGES