まったりゲームプレイ日記です。
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

ブログリスト
ブクログ
Favorite
ICO/ワンダと巨像 Limited Box (特製ブックレット、プロダクトコード同梱) The 3rd Birthday タクティクスオウガ 運命の輪 特典 オリジナルタロットカード付き 白騎士物語 -光と闇の覚醒- ニーア レプリカント 特典 ミニアルバム「ウラギリノコエ」付き 光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝- ファイナルファンタジーXIII ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー アルティメットヒッツ ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争 ファイナルファンタジーXII(特典無し) もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII- ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき] ゼノサーガ エピソードII [善悪の彼岸] シャドウハーツ2 アルティメット ヒッツ ヴァルキリープロファイル -レナス- パックピクス クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-(通常版) LocoRoco(ロコロコ) ICO(イコ) シャドウハーツ フロム・ザ・ニュー・ワールド(通常版) ベイグラントストーリー
Mobile
qrcode
人気BLOGRANK にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ファイナルファンタジーシリーズへ
Ars magna/妙な家来?
JUGEMテーマ:オンラインゲーム

最近のもっぱらの私のレベル上げ地点は、トレントの森なんですが、いつものようにトレントを倒していると、その中の1匹からオークの装備(盾、剣、兜のセット)を手に入れました。

手に取ると、とりあえずオークに渡してみろ、とあったので渡して見ますと・・・ただのオークがヨロイをちゃんと装備して剣を持ったオークに変身しました!

更にありがとうよ〜、ご主人様!とか言っちゃって、しばらくの間仲間になるっていい、ずーっと後を健気について来ます。なぜか名前は「lunaのオー・」と表示されて(笑)「luna」は私のキャラの名前だから良しとして・・・「オー・」←「・」って何?「オー」はオークのオー???(笑)

そして、エイプに戦いを挑む私に、いろんな事を言いながら一緒にバトルをしてくれました。言ってる事は「俺は偉大なオーク戦士だ!ブー!」「フン!知らなかったって!」「よくもご主人様をやってくれたな!ブー!」の3つなんだけど、語尾の「ブー」ってのが、なんだかかわいくって♪

ただ、この子を連れて歩くと、なんども他のプレイヤーに攻撃されてしまい、すっごい頭に来ましたよ〜;;やっぱりタダのオークに見えるのかしらね!でも、他のプレイヤーが戦ってる時、私の後にいた「オー・」は手伝ってあげたりしていたのにね〜。お店の中でも誰かに攻撃されていたらしく(涙)
「ココでは攻撃できませんよ〜」とか、いっぱいみんなに言ってたな・・・。

そして、一緒にバトルして、ワープして、散歩して、お買いものして・・・そしてお店を出るときに「ご主人様 私も行くブー!」と言って、外のどこかに行ってしまいました。

本当にかわいい「オー・」だったよ。短い間だったけど、楽しかった♪ 



2007.02.26 Monday 09:29
ゼノサーガエピソード2 comments(0)
局所事象異変〜エンディング(バレ)

ついにアルベドを倒しました。罵倒してばかりで積極的に攻撃してこなかった感じがするのは、最初からアルベドはジュニアに殺して欲しかったんじゃないかなーと思います。でも、今回この局所事象異変を起こす前からアルベドは肉体としての体はなかったワケなんだけど。

「どうだルベド楽しかったか?」とのアルベドの問いに「・・・ああ楽しかったよ」と答えるジュニア。所詮URTVは兵器だからなと。アルベドが消えていく自分の体を見ながら「消滅か。これはある意味解放だな。・・・これで誰の死にも怯えずに済む。」と言う。アルベドって精神的に壊れているんだけど、人一倍不安な気持ちを持っていて神経質で、それが更に助長している感じがするよね。そしてニグレド(ガイナン様)と違って、最初はルベド(ジュニア)と本当にくっついた双子だったから、そのルベドへの執着心とかも影響している気がします。

そして「ルベド・・・ニグレドの影に気をつけろ。あいつがウ・ドゥの波動に反応しない理由を考えろ。」とも言います。たくさんのキルシュバッサーが迎えに来て天使のように神々しいまでにアルベドを取り囲み、天高く連れて行ってしまいます。「見ろよルベド、俺は自由だ。」と言って消えてしまいます。確かに父親のディミトリに最近時々乗っ取られているようだし。ガイナンに戻った時に「俺の言葉を信じるな、ルベド」って言ってたし。

一人取り残されて泣くジュニア。そこへサクラが「どうしたの?」って現れる。ジュニアにとって、サクラとアルベドって大切な存在なんだな、本当に。「俺の右胸のもうひとつの鼓動が聞こえなくなった。」と言って泣くジュニアを、「ルベドはそんなに弱い子だったの?」とか、「・・・だってルベドを待ってる人達がいるわ。」とか言って勇気づける。その声にモモちゃんの声も重なって、約束を思い出すジュニア。そして優しく抱き合うジュニアとサクラ。

でも、いつのまにかサクラがケイオスに変わっていてジュニアも意識がない様子。ケイオスが「がんばったね、ルベド。」と言い、フェブもいつの間にか現れて見守るように「これで彼に安らぎが訪れるのね。・・・でも、これからが始まり。彼女達の中に今小さな波紋が生まれたわ。これがどんどん大きくなる。」なんて事を言う。するとケイオスが「だから今は休んで欲しい。つかの間の安らぎを。」みたいな事を言う。ええーっ、どういう意味なの?

そして全てが終わり、宇宙空間に浮いているオリジナルゾハルを回収しようとするデュランダルだけど、急に何かが空間に転移して来る。巨大なグノーシス反応が出て驚くデュランダルの人達。

場面が変わってヴィルヘルムも違う場所で見ていて「来るよ、アベルの箱船だ。」と言う。そしてゾハルがその大きいのが出てきた空間に吸い込まれて消えていってしまう・・・ああー。

そして、ヴィルヘルムの元へやって来るケイオス。ここってデュランダルの中なのかな?そのケイオスに向かってヴィルヘルムが「久しぶりだね、イエオーシュア。君から来てくれるなんて・・・干渉しないんじゃなかったのかい?」とやけに落ち着いた声で話かけて・・・なんじゃ〜、そのイエオーシュアって名前は?そして「僕は、もう迷わない。」と答えるケイオス。それに対して「嬉しいよ。やっと君が舞台に上がってくれて。」と言うヴィルヘルム。・・・何?この会話って!黒幕ってヴィルヘルムなの?

そしてついにエンドスクロールが流れ出します。ジュニアはアルベドの代わりなのか、アルビノの子犬にアビィと名前をつけてデュランダルで飼うみたいです(笑)モモとユリ・ミズラヒ博士はしばらく一緒に暮らすことにしたみたい。よかったね、モモちゃん。

ジギーはジュニアの計らいで、クーカイ・ファウンデーション気付になり、いつでもモモの要請があれば出撃できるように延命措置も施される事になったみたい。よかった〜♪今まで死に場所を探してるみたいで、人間の記憶のあるのもいやがっていたジギーだったけど、守る人が出来て生きる力になってよかった。

ジンは風呂敷包み一つで、エルザのクルーと、ケイオスと一緒に旅に出るようです。シオンは迎えに来たミユキとアレンと自分たちの居場所に帰るみたい。



そしてエンドロールが全て終わって。
何やら怪しいヴィルヘルムと赤・青・黒の3人の外套達。円を描くように立って会話しています。「・・・なるほど、これがY資料か。」「欠損が多いな」とか、ウーヌスなんとかがどうの、とか、「深層心理より更に奥の無意識の領域にある?」とか。「ロストエルサレムの道が開かれた時、コスモスが目覚める」とか(!?)

そして「ようこそ・・・」とかヴィルヘルムに声をかけられた先に現れる新たな白い外套の男!!・・・誰!?

ナニナニナニナニ????なんか次回3はコスモスとか何か起こりそうだし、ジギーと黒外套の間にも何かありそうだし・・・。本当の黒幕って誰?って感じだし。気になる、気になるよ〜。 



2007.01.14 Sunday 09:11
ゼノサーガエピソード2 comments(0)
局所事象変異

デュランダルにやって来たシオン一行だったけど、オメガシステムは破壊されても、ウ・ドゥのせいなのか、アルベドが起こしたと思われる空間に出来た局所的な事象異変のせいで、いずれこの宙域が第2ミルチアも含めて飲み込まれてしまうから、またあの場所に行って元凶をたたくしかないだろうって事をみんなで話し、ジュニアが「あいつを止められるのはオレしかいない」と心に誓ったみたい。

そして場面は変わってジギーとユリ・ミズラヒ博士が話しているのをジュニアが立ち聞きみたいな感じで聞いている場面。それにしても、1の時はモモちゃんも遠ざけるようにして、モノを見ているようだなと感じていたんだけど、2でこれほどユリ博士の印象が変わるとは思わなかった。ユリ博士はやっぱりモモちゃんを大切に思ってるし、本当は優しい人だったんだな〜。モモちゃんのために人間部分の寿命が130年なんだけど、それをもっと延命してくれないか、とジギーに頼んでいた。

その後、ジュニアは一人でデュランダルのメカの格納庫にやってくる。一人で局所事象変異へ出かけようとしていて、でもモモちゃんに見つかってしまう。モモちゃんが絶対に帰ってきてねって、約束してねって言って見送るちょっと切ないシーンでした。

いきなり飛び立つジュニアの乗ったメカ、アシェルに驚くデュランダルブリッジのみんなだったけど、モモちゃんが「あのー、ジュニアさん機体のテストをしたいって。すぐに戻って来るって。」言って、それでみんながジュニアは一人で行ったんだと悟る。

いよいよ局所事象変異の中へ進むジュニア。中は赤い渦を巻いた空間で出来ているような一本道になっていました。どんどん進むと前に光りのようなものがあり、そこに触れるとMOVIEが流れます。

最初のMOVIEは、14年前のアルベドが出てきて、ジュニアを散々挑発して消えてしまう。また先へ進むと次のMOVIEは、URTVとウ・ドゥの研究をしていた14年前の施設の中庭の木の下で、子供のアルベドが「ルベドとニグレドのお墓を作っているんだよ〜」とか言っている。目が充血していて、すっごくコワイ顔;;ちょっとヤバイよね。精神的に来る感じで。更に挑発するアルベド。そしてモモちゃんと同じ顔のキルシュバッサー達がアルベドの後から腕や体や足に抱きついて行く。なんか暗くてコワイ〜。

そして次は14年前のサクラの部屋・・・なんと、アルベドが無言で無抵抗のサクラを限りなく殴ったり蹴ったりしているショックな映像だった。「おまえがルベドに色目を使っているから・・・」とか「この女は嫌いだった。死んで良かったんだよ。」など言っている。そのうちサクラがなぜかモモちゃんになり・・・「この人形がそんなに大切なのかい?でも、あいつは穢れたんだ。このボクの手でね・・・」(多分エピソード1でアルベドがモモちゃんの体の中に手を突っ込んでデータをいじくってる時の事を言っていると思われる)と言い、更にジュニアを挑発する・・・当然だけど怒るジュニア。それにしてもキツい映像が続く・・・;;

そして最後は鏡の通路みたいな所で、鏡に映ったジュニアが勝手に動きアルベドの声で「早くボクを殺せよー」と言う。ジュニアが怒りでとうとう対ウ・ドゥ用のレッドドラゴンモードになる。我を忘れそうになるジュニア・・・でも、そこにサクラがジュニアの後から包むように現れて「ルベドを信じてるから・・・」と言う。その言葉で我に返り「俺は俺。言いなりにはならないって。」と言うジュニア。

ついに最奥にやって来てしまいました。薄暗い広い王座のある広間みたいな所に、アルベドがいました。体から赤と青のコードみたいなのが出てイスと合体しているようなヘンな感じです。回りにはモモちゃんそっくりのキルシュバッサー達が培養ポッドみたいなのに入っていっぱいいます。更にジュニアを挑発するアルベド。そしてついに2人のバトルになります。

バトル自体はアルベドはほとんど攻撃せず、でも、ダラダラ攻撃していると何度も回復してしまって困りました。なんか印象として、決まった部位をちょうどよく攻撃しているとあんまり反撃も受けず、ただコッチを罵倒したり挑発したりしている感じでバトルが進むようです。

それにしても、私今回よりによってジュニアをほとんど使わず、育てていなかったので、回復も一番小さいのしか覚えてなくてちょっと困りました。でも、そんなに強烈な攻撃もしてこなかったので、なんとかアルベドを倒す事ができました。長くなりそうなので、この続きはまた後で。

 



2007.01.13 Saturday 09:06
ゼノサーガエピソード2 comments(0)
オメガシステム

ゾハル格納エリアの後、デュランダルに戻ってきて、いくつかのG2キャンペーンもこなしました。

そしていよいよオメガシステムーの突入を開始しました。私の苦手なメカに乗り入り口からエレベーターみたいなのに乗って下へと降りていきます。途中でセグメントアドレスがあったりして。あとメカに乗ったままでは行けないトコも一カ所ありました。

下に降りたらメカから降りて大きな扉のスイッチを入れ、またメカに乗って進んだりと、メカ←→キャラで交互に進んで行きます。そして最初のボス、インペルシオン戦{VS}最近になってようやく少しバトルが分かってきました(←遅いっ)ブーストのやり方とかね(笑)体力が多くて苦労したけど、なんとか勝てました。

そして、進むと一方向からしか壊せないブロック部屋に出ました。ブロックのガラスで出来てるみたいな緑の方向からした壊せないの。でも、あっちに回ったりコッチに回ったりして全て壊して先へ進みます。

次の部屋はカラフルな色のブロックがいっぱい積み重なってる部屋で、どうも同じ色のブロックが連鎖して壊れる落ちゲーみたいな部屋です。下2段だけ残さないと、キャラで進める方の通路には進めないみたい。最初、なかなか下2段にならないので、諦めて二股に分かれている、多分ブロックか出来ない人用(?)の、メカでそのまま進める道の方に行ってみました・・・でっ、でも、コッチ強すぎて私には通れません;;なんでこんなに強いのさっ!・・・て事で逆ギレした私は地道にブロックをやりました。・・・なんとか下2段にしてキャラで進みましたよ〜。

キャラの方も壊せる柱みたいなのから出てくる敵達、妙に強くて勝てません。もうなんだってココはザコが死ぬほど強いんでしょう。私のレベルが低いのかな?柱はスッパリ諦めて壊さずに進みました。

ついた先にはまたボスが・・・。今度はカシドラルと言う教会とかのベルがいくつか付いたようなヘンなボスです。最初のボスよりも体力はなかったし、途中で「女性への欲望が・・・」だのヘンな事を言ってましたが、途中のザコよりも楽に倒せました。

ところがその先がまだあって、進むといよいよ最奥に教皇がいました。あの憎らしいジジイめ〜。そこへアルベドが、この力はオレのものだ!と言うんだけど、教皇がアルベド達URTVを出来損ない扱いするような事を言って、アルベドが怒るんだけど逆にプロトオメガの力で教皇に飛ばされてしまい、消えてしまう。それを見てすっごい怒るジュニア・・・。

そしてバトルに。1回目は体力が2万少しくらいで、地道だけどそんなに苦労しないで倒せるんだけど、一度倒すとまた復活してそれがプロトオメガの攻撃が強くてやられてしまいます。何回か戦って、攻略サイトなど参考にしてやっと倒しました。もう疲れたよ〜。

そして教皇がプロトオメガを自分の意のままに動かそうとするけど言うことを聞かなくって。そこに教皇が「テスタメント!」と言う3人が現れて・・・緋外套と、青外套と(この2人はエピソード1でも出てた)、あと初めて見た黒外套もいた!この3人に逆に教皇はあっさり消されてしまって、逆にアルベドが復活する・・・んだけど、また空間に沈んで行ってしまう。「見ろよルベド、ついにオレは来た」とか言って。ウ・ドゥの中に入っていったの?

それにしても、テスタメントの黒外套を見てジギーが「ヴォイジャー!!」と叫び初めて怒りを表したのでびっくりしたよ。チラッとジギーの過去記憶なのかフラッシュバック映像で、血だまりの映像があった。ジギーが人間だった頃(今でも一部人間のままだけど)の、もしかして死に関わる何かの記憶に絡んでいる男なのかな?ヴォイジャーに撃ちかかると逆に圧倒的な力で撃ち返されてしまって痛手を負ってしまう。

でも、オメガシステム自体が壊れ始めているので、ここから今すぐ脱出しなければならない・・・。コスモスがバリアみたいなのを貼ってみんなを庇っている間に、ジギーが撃たれた体で壁に穴を開けると、ちょうどエルザが迎えに来ていました。でも、ジギーは腕を失ってしまうんだけど「オレの体は作り直せる」って言うんだよね(涙)ジギー、かっこいいよ〜。おかげでみんな無事に脱出でき、プロトオメガも崩壊してしまうのでした。



2007.01.12 Friday 09:04
ゼノサーガエピソード2 comments(0)
ゾハル格納エリア

ついにゾハルの所へやって来た一行・・・でも、そこには目を疑う光景が;;シオンを呼び寄せたフェブの妹のセシリーとキャスって、手足をもぎ取られて、ゾハルの回りの何か機械と合体させられて、剥き出しの体にいろんなパーツの刺さった人間とも機械とも言えないものだった。

すでに意識や意志を奪われケースの中で生かされている生命体、レアリエンだった;;すごくショックを受ける一行・・・。ケースには「セシリー」と「キャサリーン」と書いてある。打ちのめされるシオン。なんで、こんなものを見せられるのか、なんで私なのかって。

そこに移民船団の教皇が話しかけてくる。まったく怪しいムカツクジジイだっ。セシリーとキャスについて、意識や意志を奪ってゾハルのために生かさせていると言うことを言ったのだと思う。

シオンにコスモスが、既に意識はないので、破壊すると言う。いやだー、そんな事できない、と言うシオン。でも、そこにフェブの幻が現れて、彼女たちを解放してあげてと伝える。そしてシオンもコスモスに撃ってと悲鳴みたいに言って、コスモスが破壊をはじめる。・・・なんか辛いシーンだった。

そしたら教皇がもう遅い、とかなんとか言ってゾハルを包み込むような機体のプロトオメガが起動してしまう・・・。なんだこりゃ〜。でっかいメカで、脱出する一行。でも、そいつがミルチアをまるでさなぎを破るみたいに壊してしまう。ミルチアが崩壊してしまった。アレレレ〜。この先どうなってしまうの。ゾハルを体内に入れて目覚めてしまったプロトオメガには、保育器みたいなミルチアはもういらないって事?

それにしても、教皇もマーグリスに裏切られたみたいだし、教皇は手先としてマーグリスを利用していたつもりだったみたいだけど。なんか真の敵は移民船団の教皇だと思っていたけど、マーグリスも教皇を利用していただけだったみたいだし、一体誰が真の敵なんだろう。

ミルチアを開ける鍵をモモから奪う役目はアルベド。開いたミルチアに突っ込んで行って、ゾハルとプロトオメガを起動させるのが移民船団と教皇。むむむ。そしてマーグリスを動かしているのは誰なんだろう?

それに、ガイナン様の体を時々乗っ取っているお父さんのディミトリ、ヤツは14年前から一体どうやって生き延びて来て、どうやってガイナンを乗っ取ったり出来るの?ディミトリの企みすごく気になる。これからどうなるんだろう。 



2007.01.11 Thursday 09:00
ゼノサーガエピソード2 comments(0)
メインターミナル

やっとゾハルにご対面かと思ったら、まだスイッチを押したりいろいろとパズルみたいにやらなきゃならないみたいです。今度は、○と+が組み合わさった通路の真ん中にコントロールルームみたいなものがあって、回りのスイッチを押したり、エレベーターで移動したり、コントロールルームみたいな所のスイッチを押したりって感じですね。

いろいろやって何かの部屋に入る事が出来ました。そこでは14年前に、ジンがこのミルチアのラビュリントスから持ち出してカナンの頭の中に隠していたデータをスキャンする事ができました。

スキャンしている間にジンがいろいろと説明をしてくれました。14年前、ミルチア紛争を起こし、ゾハルごとミルチアを時空に封印した真の犯人、真の首謀者は誰かと言うことが、カナンの頭の中のデータに入っているらしい。

14年前のミルチア紛争の首謀者はモモの父親でもあるヨアキム・ミズラヒ博士と言われているが、それは違うらしいと言うこと。ヨアキムの作ったU−TIC機関は元々連邦の1組織だったんだけど、誰かが裏で資金を提供していたらしい。それがハイアムズ企業というトコらしいんだけど、その企業のハインライン枢機卿という人が、実は移民船団のひとりだったんだって。

だから研究の資金の欲しかったヨアキム博士は、実は移民船団にただ利用されていただけで、移民船団とは思想的にもつながり的にも全く関係がなかった。そして決して狂人じゃなかったと言うことが分かった。それを聞いて心からホッとするモモちゃん。

ヨアキム博士はゾハルの研究中に、予想外にもウ・ドゥが動き始め、それによってグノーシスが生まれてしまったために、ゾハルとウ・ドゥをミルチアを犠牲にしてまで封印して世界を救おうとしたのだった。

そしてその鍵となるY資料を、愛する娘を元に作られたモモちゃんの中に仕舞ったのだ、と言うことがわかった。かなしさと同時にホッとしたような嬉しい気持ちのモモちゃん。よかったねー。

ミズラヒ博士って悪者じゃなかったんだ〜!

そして、ジンはカナンにこのデータのバックアップと、連邦のヘルマーの所へと内容を送るように指示する。これが連邦に伝われば・・・。引き続きジンはカナンのデータのスキャンをもう少し続けるので、みんなはゾハルの元へ急げと言うのだった。

そしてみんなはジンとカナンを残して先へ進みます。進んだ次のエリアは扉が5個あり、ひとつ開けるごとに敵がひそんでいます。それを倒しながら先へと進み・・・いよいよ最後の扉を開けると、そこには因縁の男マーグリスがいました。

マーグリスに吹っ飛ばされる一行だけど、そこにジンが後から追ってきました。14年前の因縁の相手・・・2人はなんだかポリゴン至上(←笑)カッコイイ、チャンバラを繰り広げます。これが本当にかっこよくて・・・ゲームの中でこんなにかっこいいチャンバラを見たのは初めてかも。

そして思った通り今度はバトルに突入です。マーグリスは途中で分身を出してきて、ソッチを攻撃するとなぜか回復してしまうので、本体だけを攻撃する事にしました。2回ゲームオーバーになって、3回目、ジンでとどめを刺すとやっとバトル終了しました;;まったくここまで来て、何度もやられて疲れました。 



2007.01.11 Thursday 08:56
ゼノサーガエピソード2 comments(0)
ラビュリントス中枢

ラビュリントスより、リニアみたいな乗り物に乗って、ラビュリントス中枢にやって来ました。中央が丸い通路になっていて、4方向に通路が延びています。中央にはメインターミナルに繋がるワープする台みたいなのがあります。

一番近くの右の通路から行ってみました。ここは箱箱箱だらけ、ハシゴだらけの場所でした。箱を壊して進み、たまに中に敵がひそんでいるので倒しながら・・・。そして3階構造で1階ずつ3フロアーに分かれている所をハシゴがつないでいる所を抜けると、今度は2階構造になっていて、1階は仕切り版の付いた箱の通路みたいなの、2階は5つのグルグルまわせるスイッチのある構造の場所にでました。

ここは2階のスイッチをグルグルまわして下の仕切り付き通路がちゃんと抜けられるように組み合わせて通路を作って進まなければならない様子。・・・うまく説明できないよ;;アイテムの箱も2個あったし、もう何回グルグルアッチコッチのスイッチを回したか・・・;;それでもなんとか抜けて進むと、最初のメインターミナルへのワープがある丸い通路に出ました。メインターミナルのワープへの扉の片方を開けるスイッチもあったので押します。

どうも、丸い通路から伸びた4つの通路の右下から入って右上の通路に出てきたようですね。

この調子で左下の通路にも入ります。入ってみると、迷路みたいな通路にアチコチにまたスイッチがあり、通路に所々あるゲートみたいなものを上げたり下げたりして進むみたいです。ゲートを下げてる時は上部分が通れ、上げてる時は下を通り抜けられるって感じになってました。ここも上げたり下げたりウロウロしてなんとか通り抜けました。

抜けると今度は緑の透明な大きな箱がたくさんある部屋に出ました。ここではこの積み重なった箱をだるま落としみたいに箱を倒し、倒れた箱達が通路になって先に進めるという部屋みたいです。これもいろいろ倒してみて先に進めました。進むとやっぱり中央の4本出た通路の左上に出ました。左下から入って左上に出たと言う事ですね。そしてまたメインターミナル行きのもう一つの扉を開くことができました。

本当に苦労しました〜{汗}こういう所は敵がいないと更に楽なんだけどな。でも、このゼノサーガ、敵が無限に湧いてくるわけじゃないので、レベルを上げるためには必要なんだと思うけどね;;

いよいよラビュリントスメインターミナル、ゾハルの場所へ行くことができます。 



2007.01.11 Thursday 08:53
ゼノサーガエピソード2 comments(0)
ラビュリントス

水没都市からメカを脱ぎ捨て、やっと身軽になって行動できます(笑)ハシゴを下りていくと、下水道施設の中のような、ラビュリントスに入れます。

ここも迷路のような通路をスイッチを押して鉄格子を上げたり下げたりして進みます。そしてその先に行くと、漢字の「中」みたいになった通路の形で、その右と左に水が溜まっている所に出ました。中央にある説明と通路にある3つのスイッチには5と6と2の文字があって、左右の水の高さをそのスイッチで押して調節しなければならないみたい。いろいろとやってみて、左右の水の高さを通路が通れるように揃えたら先に進めるようになりました。

更に進むとMOVIEが流れます。元々水路の調節部屋だった所が、ウ・ドゥの意志によってかなり変化しているようです。だいたい1の時もそうだったけど、ウ・ドゥってなんなの?ジュニア達URTVと、どう関係があるのか未だによく理解してない私です;;14年前、ジュニア達のお父さんのディミトリが、ジュニア達URTVを作り、それを使って、またミズラヒ博士のモモちゃんの原型のサクラちゃんの意識にダイブしたり、いろいろ研究をしていたのは分かってるけど、それってなんの研究だったんだろう〜?(←おバカ)

そしてその後もウ・ドゥによってゆがめられたラビュリントスの通路を破壊しながら進み、一番奥に辿り着きました。そこにはリニアみたいな乗り物の駅みたいなトコがあって、それに乗るとゾハルの眠るラビュリントス中枢に行けるようです。更に進みます。 



2007.01.11 Thursday 08:51
ゼノサーガエピソード2 comments(0)
水没都市

またいくつか、G2キャンペーンをこなして(と言っても結構いろいろあって時間がかかるんだよね;;)エルザより、旧ミルチアへ降り立ちました。ミルチアの街が水没しています。

ここって、またあのメカに乗り込んで進むんだけど、私このメカがなんとなく苦手;;それでも、モモちゃんのエーテルが唯一メカに乗り込んだまま使えるって分かってからは少し楽になったけど。

足がつかるくらいの水に沈んだ都市を進んでいくと、途中でメカから降りられる所が3カ所あって、2個はセグメントアドレス、もう一個は14年前のミルチアにもあった☆のマークのデパートでした。

そしてずーっと奥に進んで行くと・・・どこかの戦艦が道の下に潜り込んでいます。そして、ギャグみたいな会話が繰り広げられます。・・・ここって笑う場所!?ウィンガーカム船長って、誰??(笑)この人は教皇派の船団の人達?なんだよね〜?連邦の人達・・・じゃないよね?とにかくこの会話の後に、この人達がポスなんだって気が付きました(笑)

なんか小さい飛行タイプのメカを倒しても倒しても追いつかないくらい呼ぶので、メインの戦艦の砲台(?)を集中して攻撃して倒しました。まわりの小さいの達をムシして攻撃受け放題でしたけど、そんなに苦労しなかったです。倒してから更に奥に進むと、やっとシオンたち一行はメカを降りて進む事ができるみたいです。

さてさて、次はいよいよゾハルの眠るラビュリントスに入ります。



2007.01.11 Thursday 08:47
ゼノサーガエピソード2 comments(0)
オルムス要塞

旧ミルチアが現れて・・・シオンはフェブの幻(?)に助けを求められます。それで無理矢理ヴェクターの兵器を奪って(!?)アレンと共にミルチアに向かって出発!大胆な主任さんですよね(笑)

私、このゲームってイマイチ話がよくわかってなくて(1の話を忘れてるのもあるけど)その姿を見て、ヴィルヘルムと緋外套が「適合者」とかなんとか話しているんだよね。一体シオンがなんの適合者だっていうんだろう???

そしてミルチアに向かっていたシオンたちが連邦なのか旅団なのかわからないけど、宇宙で襲われてピンチ!になり、シオンとアレンがもう死ぬのか?と思ったトコで、シオンの念を感じとったのか、コスモスが出動して来るのでした〜{びっくり}なんで?凄すぎるよ、コスモス。なんかシオンとの結びつきが凄くあるんだね!コスモスが回りの敵を一掃しちゃうトコがかっこよかったよ〜。

そして、ミルチア政府からの依頼でシオンの兄のジンさんとカナンの14年前のミルチアコンビ(笑)と、あとまた別の目的のジュニアとケイオスも、それからモモちゃんも、エルザのクルーと共にエルザに乗って登場して一緒に行動することに・・・。

諸々の敵達に気づかれないようにと、2つのブラックホールの間を縫うコースを通ってミルチアに行こうとするも、また急にワープしてきたヤツらに襲われ、今後こそエルザごとピンチに。そのオルムス要塞の中を突破する事にして、要塞の中に侵入する一行〜。

またこの要塞が大きくて、メカに2人二組で乗り込んで進む場面と、それを降りてキャラで進む場面とうまく切り替えて進まなくてはならなくて、メカ状態、キャラ状態両方にボスがいるし、なかなか大変でした。メカが最初全然よくわかってないので、アイテムを装着するのとか今回ボスに勝てなくて初めていろいろやってみました。一番助かったのはモモちゃんがメカに乗ったままで回復のエーテルが使えた事です。これのおかげでなんとか倒せました。

そして、最後要塞のコアを爆破して脱出する場面で通路の敵達がすごくやっかいで;;でもなんとかエルザまで辿り着いたけど、エルザもろともブラックホールに飲み込まれそうになって・・・またまたピーンチ!

でも、今度はデュランダルが現れてエルザを助けてくれました。すっごいタイミングだ。それにしても、アルベドが元々おかしいのはわかってるけど、最近ガイナン様の様子がおかしいのは、何故?なんかこのムービーで、苦しんで倒れたガイナン様の髪の毛がアルベドみたいな白に変わっていくのをみたんだけど・・・一体!?

さて、G2キャンペーン(人助け)が増えてるみたいなので少しこなします。第2ミルチアとファウンデーションなど、行き来できるようになっています。



2007.01.08 Monday 08:44
ゼノサーガエピソード2 comments(0)
1/2PAGES >>